PR for U

イケメンは女性のどこを見ている?パンサー向井慧が男心を解き明かす モデルプレスインタビュー

「よしもと男前ランキング 2014」第2位、出待ち率No’1、ファンから“王子”と呼ばれ着実に人気を博しているお笑いタレント・パンサーの向井慧。
モデルプレスのインタビューに応じたお笑いタレント・パンサーの向井慧
モデルプレスのインタビューに応じたお笑いタレント・パンサーの向井慧
モデルプレスでは今回、そんな向井に独占インタビューを行い、女心をくすぐる人気の秘密と癒される笑顔に隠された素顔に迫った。

“出待ち率No’1”イケメンの意外な素顔



― ファンの出待ち率No’1、「よしもと男前ランキング 2014」第2位獲得と女性ファンの心を掴んで離さない向井さんですが、人気の秘訣は何ですか?

向井:そんなのないですよ(笑)。もともと渋谷の「ヨシモト∞ホール」の劇場自体、出待ちしてくれる方が多いだけなんです。

― ファンにはどんな方が多いんですか?

向井:年上の方もいますが、大学生くらいの女性が多いですね。

― 大学生といえば向井さんは明治大学をご卒業されていますよね。どんな学生生活を過ごされたんですか?

向井:NSC(ニュー・スター・クリエイションの略。吉本興業の養成所)に通いながら大学に通っていました。僕とちょうど同じ時期に山下智久さんが入学されて、1年上に小山慶一郎さんもいて、2人で歩いてるとキャンパスがすっごい人だかりで、もう、とんでもないことになるんですよ(笑)。そんな2人を見て、「俺もいつかは!」っていう気持ちで大学生活を過ごしていましたね。だから「絶対遊ばないぞ」って決心して、サークルも売れなくなると思って入りませんでした。その結果、友達が1人もできなかったです(笑)。

― そうなんですか!?では大学時代の思い出はありますか?

気さくに語ってくれた向井慧
気さくに語ってくれた向井慧
向井:NSCの合宿くらいですね。お笑い芸人を目指す養成所の400人くらいで行ったんですけど、朝から寝起きドッキリを仕掛けられたり、本当に地獄ですよ。もう2度と行きたくないです(苦笑)。

― モテるのにもったいないです!

向井:モテ…なくはないか(笑)。いやいや、モテないですよ(笑)。当時は遠距離恋愛してたんです。高校の時から付き合っている彼女がいて、僕だけ名古屋から東京に出て来てたので2ヶ月に1回、僕が行くのか、向こうが来るかで、10年くらい付き合っていました。

― 10年ってすごいですね。

向井:結局ダメになっちゃいましたけどね。なので、「ザ・大学生」みたいなことに、今更ながら憧れています。

向井慧が解き明かす、男心がドキッとする瞬間



向井慧
向井慧
― 大学生は夏休みも長いし、新しいことに挑戦したりイメージチェンジしたり、何でもできますものね。

向井:夏ならではのデートもいいですよね。浴衣を着てもらって花火とか見に行きたいです。慣れない下駄で歩きにくくて袖つかむのとか、「可愛いな」ってキュンとしますね。下駄と言えば、足のネイルしている人いますよね。足までお洒落しているんだって、すごいなって思います。そこまでこだわるって美意識高いですよね。

― 向井さんは、どんな女性がタイプなんですか?

向井:ちょっと天然な不思議ちゃんが好きです。見た目がしっかりしてそうでも、そういうところが見えたら、すごくドキッとします。

― では、外見だと女性のどんなところに目がいきますか?

向井:男って初対面の時は女性の全体を見るんですけど、その後は意外と細かいところもよく見てるんです。僕は、二の腕を見ますね。パッツパツだと噛みたくなります(笑)。あとは手元。出待ちしてくれるお客さんが「サインください」って言う時には、やっぱりチェックしちゃいます。以前、爪に「M・U・K・A・I」って描いたネイルをしている人がいて、「どうですか、コレ」って言われたことがあるんですけど、結構見られるところだから、かなりのリスクを背負ってやってくれたんだなって嬉しかったですね(笑)。

― ネイルの印象が強いだけで、そんなに記憶に残るものなんですね。

向井慧
向井慧
向井:そうですね。せっかく出待ちしてくれていてもほんのちょっとの時間しか話せないから、浴衣を着ていたり爪に絵を描いていたり、インパクトがあると覚えやすいですね。

― どんなネイルが好印象ですか?

向井:手元はわりとシンプルなネイルが好きです。でも、それだけじゃつまらないので、手はシンプルなのに足のネイルは鳥の顔が描いてあるくらい派手な方がギャップがあっていいですね。脱いだら「わあ!」みたいな刺激がほしい(笑)。「こんなネイルしてたのか」ってギャップにドキッとします。男はギャップに弱いんですよ(笑)。普段見えないだけに本当の自分を出すのが、足のネイルだと思うんですよね。

― フットネイルでは派手なデザインもチャレンジしやすいですしね?

向井:夏はサンダルや水着になることもあるから、それに合わせるのっていいですね。女性ってそういうところで冒険できて羨ましいです。そういえば足のネイルって性格がでそうですよね。派手なネイルは明るい人かな?とか。足のネイルこそ、その女の子の本質がわかるのかも。この季節はサンダルとか履いているから、女の子を見極めるために足に注目しなくちゃ。

18歳~20歳前半にネイルサロンデビューする人多数



― では夏休みまっただ中の今は、そんな新しい自分に出会う絶好のチャンスですね。国内最大級のヘアサロン、リラク&ビューティーサロン検索予約サイト「ホットペッパービューティー」によると、最近では大学生の頃にサロンでのネイルを始める人が増えているそうですよ。【出典:(株)リクルートライフスタイル ホットペッパービューティー調べ2012】

向井:急にキレイになる女性って、すごくいいですよね。男はちょっとの変化じゃ気づかないけど、夏休みとかの間にイメチェンしてキレイになってると、すぐ好きになっちゃう気がします(笑)。ネイルとか「初めてしたんだけど…」って頑張ってることを恥ずかしそうに話してくれると応援したくなります。

― 向井さんにそんな風に言われたら、みんな頑張っちゃいますよ。さすが女心をくすぐるのがお上手ですね。

向井:いえいえ。最近は男3人で暮らしてるくらい、女性とは縁遠い生活です。去年の8月から2年間って決めて、又吉さん(ピース)と児玉さん(ジューシーズ)と住んでるんですけど、楽しすぎて彼女とか入る余地ないんですよ(笑)。

3人の同居生活の実態とは?



― 3人の同居生活は、どんな感じなんですか?

向井慧
向井慧
向井:3人でグループLINEしてるんですけど、仕事が終わったら必ず誰かが「今終わったけど、ごはんどう?」とかLINEするんで、女の子と遊んでる時間がないんです。みんな40歳までに結婚しなかったら一緒の老人ホームに入ろうって約束してるくらい(笑)。空気感が似てるから居心地いいんですけど、「ほんま俺らが恋人同士だったら…最高やなあ」って又吉さんがつぶやいた時には、さすがにゾッとしましたね(笑)。みんな女の子本当に好きなんですけど、同居を延長する話も今出ていて…ちょっと考えものですね。

― せっかくの夏ですし、3人で海とかに行ってはいかがですか?

向井:そうですね。行きますか!1番年下の僕が海で女の子に声かけるくらいしないとですね(笑)。女の子を見極めるために足のネイルにも注目して、いい子がいたら「そのフットネイルかわいいね」から会話の糸口を見つける!

― ネイルで女性を見極めれば、きっとピッタリの人を見つけられますよ。では最後に、モデルプレス読者にメッセージをお願いします。

向井:夏は長いと思っているとあっという間なので、海に行ったり浴衣を着たり、サロンでネイルをしたりイメチェンしたり楽しんでください。そして劇場に遊びに来てほしいですね。浴衣を着たり鳥のネイルをしていたら、その子のことを考えちゃいます。一生懸命にオシャレをしている子にキュンとしたら、やっぱり目が離せなくなっちゃう、それが男心です。

― ありがとうございました。

向井慧
向井慧
終始笑顔を絶やさず、キラキラした瞳で気さくに語ってくれた向井。そこにはテレビで見る時以上の真摯な優しさとストイックさが垣間見えた。

それは世間が思っているよりもずっと、人を楽しませる職業ならではの気遣いと、相手に無理をさせない雰囲気作りが巧みなことの表れかもしれない。

まだまだ現状に満足しない向井にとって、現地点は通過点の1つ。穏やかな眼差しに秘められた情熱は、どのような花を咲かせるのだろうか。(モデルプレス)

■向井慧(むかいさとし)プロフィール
生年月日:1985年12月16日
身長:169cm
体重:59kg
血液型:不明
出身地:愛知県名古屋市
趣味・特技:散歩、カラオケ、暗記

ファンの出待ち率No’1のお笑いタレント・パンサーでツッコミを担当するほか、「よしもと男前ランキング」では、2010年の第32位から毎年順位を更新し、2014年には第2位を獲得と、個人でも着実に人気を博している。現在ヨシモト∞ホール、よしもと幕張イオンモール劇場にてライブにレギュラーで出演中。
モデルプレス

Attention News注目ニュース

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel

チャンネル登録お願いします♪


TOP